Coming Kobe2018へ行ってきた。

音楽・フェス
スポンサーリンク

会場が変われどチケット列がエゲツないのが嫌だったので、例年のごとく早い目に行ったけれども、今年は先にキャパをコントロールしたか、絶対に不正入場できないようにしていたので
意外とスムーズにリストバンド交換が終わった。

会場は昨年と変更になり、みなとのもり公園。

天気もよく、野外なので開放感があり、なにより昨年までの殺伐とした雰囲気と変わってマターリな空気が流れていた。割と長いこと参加しているが、夙川大学が使えてた時代を知っている人間としては、野外ありの開放感が好き。雨が降ったら悲惨やけどね。

初めてくるので会場レイアウトがよくわからんかったが、会場自体は少し大きい公園サイズなのですぐにどこになにがあるかはだいたい把握できた。

今回はメインステージは、通常の有料フェスのようにゲートがキチンと配置されており、リスバンチェックも徹底していた。

ここのメインステージのレイアウトでいいなーと思ったのは、ゲートをくぐってもくぐらなくてもフード、いわゆるフェス飯が食べられるということ。これは結構有難い。リスバンなくてもフラフラきて見た人たちにもフェス飯が提供できるのでよいレイアウトやと思う。

サブ会場のポートターミナルホールは、本当は別の会場やったようだが、直近になり使えなくなったために急遽用意された会場だそうだ。

ここが、みなとの森公園から徒歩で行くと遠い。以前のリストバンド引き換え列に比べたらどうってことはないが、おそらく1kmはあったように思える。

ちなみに会場は、ポートターミナル駅直結なので、ポートライナーを使えば三ノ宮からひと駅で着く。

肝心の会場はコンサートやライブを使うようにできていないので、すぐに入場規制がかかる上に、
大人数でジャンプをすると床がものすごく波打つ感覚だった。
下手すると床が抜けるかも、と恐怖を感じたくらい。
おそらくこの会場は次回は使われないだろう(怖いのでw)。
ちなみにこのホールでみたのは「オメでたい頭でなにより」。

オメでたい頭でなによりの楽曲はAmazonプライムで聞けます!

なんやかんやで見たかったアーティストはすべて見られた。
さすがにオメでたい頭でなによりとNAMBA69がカブっていたので、NAMBA69はあきらめた。

場所が近かったらよかったけれども、おそらくポートターミナルホールは1km以上離れているので
物理的に間に合わんw

今回、口をすっぱく言っていた「モッシュ・ダイブ禁止」はガチでした。
「禁止」いうてるけれども、ホンマはええんでしょ?ということは
一切なく
ダイブをした人は一発退場だったようです。


そもそも、なぜ「ダイブ・モッシュ禁止」を頑なにしていたかというと、
昨年のComin’ KOBE2017にさかのぼります。

神戸の音楽フェスで転倒事故、男女3人が重軽傷 兵庫県警が捜査
兵庫県警は14日、神戸市で5月に開かれた音楽フェスティバルで転倒事故が起き、大阪府藤井寺市の無職女性(21)が脊髄を損傷するなど16~21歳の男女3人が重軽傷を…

昨年、キャパシティオーバーのワールド記念ホールで起こった事故で
主催者の松原氏はこっぴどく警察に注意され、ワールド記念ホールも使用禁止になった
経緯があります。
https://www.instagram.com/p/BiKtL7sB6UV/

警察に嫌味もいわれたそうで、そこで場所も変えるけれども絶対にモッシュダイブ禁止を
来てもらう人に守ってもらおうと、今年も開催を決めたそうです。

しかし、まぁモッシュは少しあったにしろダイブはNAMBA69以外はなかったそうで。
いや、ホンマに1日目よくぞ耐えたってくらい見なかったし、2日目行った方のツイートみている限り
ダイバーはいなかったそうです。

すごいやん!!やればできるやん!!!
2日目はSiMとかHey!SMITHとかモッシュやらダイブやらが多数発生する系の
バンドが多かったのに…。

参加するみなさん、基本的には純粋な音楽好きが多いし、松原氏の容態などもあってかで
みなさんマナーもよく、おりこうさんだったように感じます。
昨年と比較するから余計にやな…。
来年もこの場所で、これくらいの人数で開催してほしいですね。
それと、遅ればせながら松原氏のComing Kobe終了おめでとう!!(※退院した)

食べたメシまとめ

業務スーパーのピザ

ボリュームあるし、炭酸水かコーラのセットでワンコイン!(500円)安い!!

うまそうやったので買ったかき氷ぶどう味

コメント

タイトルとURLをコピーしました